JAほこた

組織案内

豊かな農業・夢農業・未来耕す JAほこた

わたしたちJAほこたが目指すもの

 JAは農業者の相互扶助組織として、組合員の農業と生活全般にわたる各種の事業活動を通じて、我が国農業の発展と地域経済・社会発 展に寄与するという社会的責任を負っています。
 また、農業地帯に位置する我がJAほこたは、この地域の組合員とともに「ほこたの農業価値をいかに高め、いかに地域社会に貢献することができるか」が課題となっています。

1. 経営理念
 ・「ほこた」を日本有数の農業産地に向けた創造をします。
 ・みどり溢れる自然、大地を守り、安全・安心を基本とした地域農業をめざします。
 ・地域との共生のなかで、協同活動を通じて心ふれあう地域づくりに取り組みます。
 ・経済情報の積極的かつ公正な開示をはじめとして組合員、地域住民に信頼される組織づくりに取り組みます。

2. 経営方針
(1)消費者に信頼される農産物の提供
 生命にとって食料はかけがいのないものであり、食料を生産する農業は生命の産業、国の基幹産業でなければならない。その趣旨に則り営農指導を推し進め「安全・安心」を基本とした農産物の栽培を行い、消費者に豊かな食生活の実現に向けた提供をめざします。
(2)地域社会に貢献する協同活動の展開
 農業体験学習等の文化・教育活動、組合員や地域住民とのコミュニケーションを図るツールとしてホームページ等を活用した広報活動を展開しながら組合員、地域住民とのふれあい活動を通してJAの備えている多面的機能を有効活用し地域社会に貢献します。
(3)法令等遵守による経営健全性の実践
 社会的模範を逸脱することなく常に法令遵守を前提としたコンプライアンス態勢の確立を図りながら期待される職員を育成し、誠実、公正な組合活動を通して経営の健全性を図ります。

ご挨拶

当JAのホームページをご閲覧いただき誠に有難うございます。

私たちJAほこたは、茨城県の東南部・鹿行地域に位置し、広々とした太平洋とみどり溢れる豊かな大地に恵まれた全国有数の農業地帯に位置し、「食と農」を基軸とした協同活動を展開し、農業の発展と安心して暮らせる地域づくりに貢献しています。

当JAの農産物は、全国的にも有名なメロン・苺などの果実類だけでなく、小松菜・法蓮草・水菜・トマト・人参ほか野菜類などでも多品目に渡り全国でもトップクラスの生産量を誇り、組合員(生産者)が丹精込めて育てたこれらの野菜や果物はどれも高品質でおいしいものばかりです。当JAでは、この「安全・安心」な「おいしい」食をより多くの消費者の皆様へ、より新鮮なかたちでお届けする為、首都圏からほど近く、近隣の茨城空港や東関東自動車道などの整備された交通網を最大限に生かし、生産者と一体になって積極的に取り組んで参ります。
そして、これからも組合員の皆様に信頼され、地域社会から必要とされる相互扶助組織を目指し、我が国農業の振興と地域経済・社会の発展に寄与するというJAの役割を果たすべく、役職員一体となって邁進して参りますので、皆様方のより一層のご理解とご支援を賜りますようお願い致します。

最後になりますが、当ホームページでは、これからも皆様のお役に立つ最新の情報を発信して参りますので、管内地域の皆様はもとより、広く全国の皆様にも『JAほこた』をご利用いただける為の情報発信のツールとなれば幸いに存じます。

代表理事組合長
長峰 茂通
JAほこた農機センター
JAほこた
〒311-1504 茨城県鉾田市安房1654-3
0291-33-5341(代表)